犬山西ふれあいセンター
役割の再認識:すべての世代の地域住民の拠点として機能を果たしていくよう、西コミがサポートしていく必要があると思われる。

現状の再確認:現在の利用状況を月のスケジュール表や年間スケジュール表にまとめ、その傾向を分析する。

拠点の再構築:現状を踏まえ、これからこの拠点を最大限活用できるように、方策を練っていく。

​西地区の坂下公民館、木津公民館、上野学供、南三笠公民館などの公的施設との連携を図っていく。さらには、吉野神社、熊野神社、七軒町の神社等神社なども地域が連携することでより良い方法で支えていくことができる可能性もある。